会社概要

社長挨拶

Chief Executive Officer

豊かな発想とチャレンジの精神を大切に、明日を築く

この先、いつかは石油をはじめ多くの資源が枯渇してしまいます。山一金属はアルミ缶、アルミラミネート箔の効率的なリサイクルを実現させることにより、資源を有効活用し、環境への負荷を低減、地球環境の保全活動に貢献をして参りました。これからも、新しいことにチャレンジする姿勢を大切にし、不可能とされたものを可能にすような、豊かな発想とチャレンジで、精神を忘れずに一歩一歩進んで参ります。

代表取締役社長 大賀 俊和

企業理念

Philosophy

資源を有効活用し、環境と調和する

「企業は生き物である」と考えています。生き物として活動するとき、環境問題は切り離せない重要課題です。地球・動物・自然・化石燃料・森林等を守り有限な金属資源等を浪費せぬよう対策する事が我々の使命です。資源のない工業国・日本をこれ以上貧しくせず、より良い日本で次世代に引き継ぎたい、と心から考えます。

社会や地域に貢献し、共存を目指す

21世紀の循環型社会を実現するためには、一企業の自助努力だけでは立ち行きません。私たちは、アルミのリサイクル事業を通じて、常にお客様と共に成長する姿勢を大切にしてきました。自治体・企業など全てのステークホルダーと良好な関係を構築し、環境計画立案などの分野で、循環型社会の構築に向けたシステムづくりに取り組んでいます。

日本の工業発展に寄与し、次世代につなげる

私たちは、再資源化が不可と言われた分野において、調査・研究・開発を重ね、技術力を磨いてきました。当初、誰にも見向きされない技術開発でしたが、少しずつ改良を重ねて、誰にとっても有用なアルミの再資源化を実現しました。今後も、日本の工業発展への貢献と、次世代につながる技術革新に取り組んでいきます。

会社概要

Information

山一金属株式会社

設立年月日 昭和36年5月15日
本社所在地 〒411-0945 静岡県駿東郡長泉町本宿715
TEL 055-972-2577
FAX 055-972-9200
資本金 98,250 千円
役員 代表取締役 大賀 俊和・常務取締役 大賀 誠 他1名
従業員数 48名
取得済み特許数 11件(国内・海外)
申請済み特許 10件(国内・海外)

沿革

History
昭和28年 静岡県三島市加屋町にて非鉄問屋業を個人創業
昭和33年 静岡県三島市幸原町に移転
昭和34年 同地において本格操業
昭和36年 法人組織化
昭和43年 株式会社に組織変更
昭和57年 静岡県駿東郡長泉町に移転
昭和58年 アルミ2次合金製造 鋳物、ダイキャスト材を生産
昭和60年 使用済みアルミ缶、アルミラミネート箔のリサイクル開始
平成8年 通商産業省(経済産業省)から「廃棄物用途開発・拡大等実施事業」の実施事業者に選定され、アルミ箔等からの再資源化実証技術研究に取り組む
平成8年 アルミ缶リサイクル協会に入会
平成9年 静岡県より「中小企業創造活動促進法研究開発」に対して事業計画認定され量産化プラントと原料回収集荷方法が確立
平成15年 日本アルミニウム協会のホームページ「アルミ箔リサイクル最前線」にて弊社リサイクルが紹介される
平成18年 生産設備の増強 アルミペレット製造数量3000t/月達成
平成20年 ISO14001認証取得(2004年版)
平成21年 使用済みアルミ缶より胴体部分(3004系)、蓋部分(5182系)の分離技術を開発、実用化
平成27年 生産設備の増強 アルミペレット製造数量4000t/月達成
平成30年 ISO14001認証取得(2015年版)
  • 昭和43年
  • 昭和46年、大志を抱く16才の少年
  • 平成3年、フェニックスプラント
  • 平成30年、フェニックスプラント