アルミ缶リサイクル事業

アルミ缶リサイクル

Aluminium Can Recycle

山一金属のアルミ缶リサイクル

日本各地の問屋様、行政様より使用済みアルミ缶を毎月購入させて頂いてます。使用済みアルミ缶を、再びアルミ缶に再生させる「CAN TO CAN リサイクル」を30年以上主要の事業として続けて参りました。

弊社では「溶かさないインゴットを作ろう」を謳い文句に、使用済みアルミ缶リサイクルフローの中から溶解工程を省き、低コスト、高品質の製品(山一タブレット)を研究、開発しました。

さらに、使用済みアルミ缶の表面塗装を焙焼し取り除く工程において、ラミネートアルミ箔の樹脂分を助燃剤として重油の代わりに活用しています。弊社工場での重油使用量が削減でき、従来よりエネルギー効率が良い「CAN TO CAN リサイクル」となりました。

山一金属のアルミ缶リサイクルの強み

Our Advantage
1.

アルミ缶の胴体、蓋の分離技術

長年の技術開発により、アルミ缶の胴体(3004系)と蓋(5000系)の分離を実用化しました。胴体(3004系)は主に缶胴体部分の原料へ、蓋(5000系)は主に缶蓋部分の原料となります。

2.

安定した品質

原料投入から製品ができあがるまでの間、「自動化ライン」になっています。オペレーターが機械の数値などを工程ごとに確認し、生産を行い、工程内での品質保証を確立しています。

3.

長い歴史で培われた技術力、築いてきた信頼

私たちは、アルミ缶の再資源化に30年以上取り組んできました。長い時間をかけて磨いてきた技術力は独特な物が多くあり、お陰様で、おおよそ40万トン以上の使用済みアルミ缶を再生させてきました。

プロダクト紹介

Products

アルミ缶リサイクルの工程

Process
  • 年間約30億本の使用済みアルミ缶をリサイクルしています。

  • アルミ缶は、ベルトコンベアに乗って、破砕工程に向かいます。アルミ缶リサイクルの出発点です。

  • 破砕工程では、アルミ缶はシュレッダーで適度な大きさに細かくされます。その後、アルミ缶から鉄・非鉄・それ以外のものを除去します。

  • 破砕したアルミ缶を焙焼し、表面の塗料と有機物を取り除きます。

  • 表面顔料、塗料、炭化物を取り除いたアルミペレットです。

  • アルミペレットを圧縮、成型したタブレットです。

  • RSIを鋳造するために、アルミペレットを溶解します。

  • アルミを鋳造しています。

  • 1t塊のRSIです。(写真は3004系)

お問い合わせフォーム

Inquery Form
企業名
担当者名
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

使用済アルミ缶購入規格について

基本的な購入規格

  • ・使用済アルミ缶をプレス処理をしたもの(※アルミ缶以外のものはプレスしないで下さい)。
  • ・パレット梱包やプレスをバラ積みでの引き取り出来るもの。
  • ・大型車で10~13t程度の積載であれば引き取りに伺います。
  • ・持込につきましてもご相談に応じます。
      • パレット梱包例
      • パレット梱包例
      • プレスのバラ積み例

      詳しい購入規格については、フォームからお問い合わせください。