アルミラミネート箔リサイクル事業

アルミラミネート箔リサイクル

Aluminium Laminate Foil Recycle

アルミラミネート箔の独自リサイクル技術

アルミラミネート箔(樹脂付きアルミ箔)の再資源化は難しいと言われ、年間約1万t弱ものアルミラミネート箔が埋立処分や焼却処理されていました。

平成8年度、通商産業省(経済産業省)から「廃棄物用途開発・拡大等実施事業」の実施事業者に選定され、アルミラミネート箔リサイクルの実証技術研究を行い、平成9年度には、静岡県より「中小企業創造活動促進法研究開発」の事業計画として認定され、課題であった原料回収と量産化システムを確立し、本事業は大きく前進しました。

開発当初から、ダイオキシン等を環境基準に適合させるなど、いくつかのハードルをクリアしての事業化でした。サーマルリサイクル法を活用し、酸化させずにアルミ成分を抽出する事にも成功しました。アルミラミネート箔の樹脂を完全燃焼させ、その排ガスを適切に処理する事で、ダイオキシン等の環境対策をとっています。

山一金属のアルミラミネート箔リサイクルの強み

Our Advantage
1.

アルミラミネート箔からアルミ成分の抽出

廃棄処分されていたアルミラミネート箔から、アルミ成分を酸化させずに抽出する技術を開発、実用化しました。アルミラミネート箔リサイクル事業に30年以上取り組んできました。この間に、おおよそ5万t以上のアルミを再生して参りました。(現在2018年4月現在)

2.

環境に優しいサーマルリサイクル

アルミラミネート箔の樹脂成分を熱源として活用する「サーマルリサイクル」により、重油の使用量を減らしています。独自の製法で樹脂成分を完全燃焼させ、ダイオキシンなどの環境問題に対しても、適正な環境対策をとっています。

プロダクト紹介

Products

アルミラミネート箔リサイクルの工程

Process
  • 回収されたアルミラミネート箔は、ベルトコンベアに乗って、破砕工程に向かいます。アルミラミネート箔リサイクルの出発点です。

  • 破砕されたアルミラミネート箔です。破砕工程後、焙焼炉へ送られます。

  • 破砕したアルミラミネート箔の樹脂部分が焙焼され、助燃剤として重油の代替品の役割を果します。

  • 1000系アルミ粒を採取する本社工場。

  • 1000系アルミ粒。

お問い合わせフォーム

Inquery Form
企業名
担当者名
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

アルミ箔購入規格について

基本的な購入規格

  • ◎12ミクロン以上のアルミ箔に、PE/PP/PS等(塩化ビニールは除きます)の薄い樹脂フィルムをラミネートしたもの、インクや樹脂を塗布したもの。
  • 紙芯や鋼芯の付いたコイル屑、プレス加工した圧縮屑、シート状積層屑など。
  • 加工の施されていないアルミ箔。
  • ×アルミ箔に紙を貼り合わせたもの、黒鉛を塗布したもの。
  • ×アルミ以外の金属箔、アルミ以外の金属箔を貼り合わせたもの。
      • ※回収エリア、頻度などは数量に応じてご相談の上決めさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。
        • 回収アルミ箔 実際の例

          • 1.芯付コイル屑
          • 2.端材屑
          • 3.圧縮屑

          詳しい購入規格については、フォームからお問い合わせください。